展覧会・イベント

Exhibition & Events
特別展 開催中

発掘30周年・マムロガワクジラ、新生代の海を泳ぐ
~やまがた北部の古生物~

種別 特別展
タイトル 発掘30周年・マムロガワクジラ、新生代の海を泳ぐ
~やまがた北部の古生物~
開催日 令和4年6月4日(土)~8月28日(日)
会場 山形県立博物館 第3展示室

「マムロガワクジラ」とは、山形県真室川町大沢で発見された600万年前の鯨類化石で、大型ヒゲ鯨類を中心とする複数個体が混合した化石群です。1992年から94年にかけて発掘調査されました。今年発掘から30年となることを記念し、本展示会ではマムロガワクジラの全標本を公開し、発掘時に産出した貝類、サメ類、鰭脚類などの化石や新庄盆地の多様な化石も展示します。また、東北地方の主要な鯨類化石や現生鯨類の骨格標本を比較展示して、鯨たちが生きていた時代の太古の山形の姿にせまります。

期 間  令和4年6月4日(土) ~ 8月28日(日)

場 所  山形県立博物館 第3展示室

関連行事

   すべての関連行事のHPからのお申し込みはコチラ(クリックで移動) 

(1)記念講演会(各回とも午後1時30分~午後3時)  本館講堂 定員25名程度

  ①6月18日(土)「日本における2つの新種大型鯨類の発見と研究」

     山田 格 氏(国立科学博物館名誉研究員)

     記念講演会①のお申し込みは終了いたしました。

  ②7月16日(土)「真室川町の地質とマムロガワクジラの古環境」

     川邉 孝幸 氏(山形大学名誉教授)

     記念講演会②のお申し込みは終了いたしました。

  ③8月20日(土)「マムロガワクジラと山形の古生物」

     長澤 一雄(本館学芸員)

     記念講演会③の申し込みは終了いたしました。

(2)展示解説会(①午前11時~午前11時30分 ②・③午後1時30分~午後2時)
   第3展示室

  ①6月4日(土)  ②7月2日(土)  ③8月6日(土)

      終了いたしました。

(3)真室川町小中学校・マムロガワクジラ自由画展 体験広場

  8月3日(水)~8月28日(日) 

  チラシはコチラクリックでダウンロード(PDF:1.2MB)

この記事をシェアする: