やまはくブログ

やまはくブログ >> 記事詳細

2016/09/01

特別展「山形の災害」お見逃しなく!!

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
9月1日は防災の日ですね。
現在、山形県立博物館では特別展「山形の災害」を開催しています。

山形県は他の県に比べ、大きな災害が少ないと言われています。
しかし、歴史を紐解くと、直下型の大きな地震や火山災害、雪害などに見舞われています。
また、近年では温暖化の影響なのか、風水害も多発しています。

この展示会を通して、山形で発生した災害について振り返りながらその特徴を知り、いつ起こるかわからない災害について改めて考えていただくきっかけとなればと思います。

※本展示会は撮影禁止です。ご理解下さい。

展示の様子をご紹介します。

歴史書に、平安時代に出羽国を襲った地震についての記事が載っています
歴史書に載っていなくても、考古学の発掘調査によって、地震や火山の噴火などの災害があったことがわかったりします
  ※出羽国(でわのくに)…現在の山形県・秋田県


断層って何?液状化現象って何?という方はこちらのモデルを見ると分かります



山形県内の活断層が載っている地図です
山形県内の活断層の一部は、地震を引き起こす確率が高いのだそうです
地震はいつ起こるか分かりません!


火山が噴火するとこんな石が飛んでくるのですね…


蔵王の火山の地質についてプロジェクションマッピングで表示しています


雨量計です こんな機械で計測しているとは知らなかった… 


じゃーん!秘密道具でーす!!
このメガネでみると、地形が浮き出て見えます


9月4日(日)には記念講演会が行われます。
   くわしくはコチラ!

開催期間は9月4日(日)までとなっています。まだ間に合います!
ぜひご家族・ご友人の皆さんでご覧いただき、災害への備えについて話し合ってみてはいかがでしょうか。
ご来館をお待ちしています。


17:00