やまはくブログ

やまはくブログ >> 記事詳細

2011/08/26

霞城公園植物だより

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
簡単ですが、霞城公園内で見ることのできる夏の植物をご紹介していきます!

はじめに、以前のブログの続きですが、新鮮な
『カワラナデシコ』入手しました!
とは言っても、某超優しい先生が摘んで来て下さったのでした。
先日の押し葉のしおりづくりのイベントにも使わせていただきました。
それ以外には、『
ミソハギ』、『ツユクサ』、『サワヒヨドリも使わせていただき、イベントは成功裏に終わりました。
先生には大変感謝しております。
それにしても、どうしてこんな形の花を咲かせるのか??
不思議でなりません。


写真:カワラナデシコ(花)
カワラナデシコ(花)

さて、霞城公園内を仕事帰りや休みの日に時々散策することがあります。
この時期はあまり花を咲かせている植物を見かけません。
そんな中、突然目に入ってきたのは、帰化植物『
アメリカオニアザミ』です。
何物も寄せ付けないようなトゲトゲしさ! ほおっておくと、草丈が結構高くなります。
そんな植物を自由研究のテーマにしている小学校2年生の女の子が、先日来館してくれました。
とてもよく観察していて感心しました!
お父さんはトゲトゲと格闘して押し葉標本の作製に貢献されたとのこと。
帰化植物とはいえ、それを入り口に自然に親しんでいただければと願っています。


写真:アメリカオニアザミ(全体)写真:アメリカオニアザミ(花、種子+冠毛)
アメリカオニアザミ(全体)
アメリカオニアザミ(花、種子+冠毛)

おっと、ここでやぶ蚊の襲来です!
立ち止まっていてはあっという間にいくつも刺されて、かゆくてたまらなくなります(泣)

次に目に入ってきたのが、かわいそうな名前の『
ヘクソカズラ』。
ヘ・クソって・・・(笑)
確かに何とも言えない匂いがします。でも、その花はとてもかわいいのでした!


写真:ヘクソカズラ(全体)写真:ヘクソカズラ(花)
ヘクソカズラ(全体)
ヘクソカズラ(花)

他には、『クサノオウ』や『ヤブガラシ』なども見つけることができました!
『クサノオウ』は、ケシ科の仲間で有毒物質を有する植物です。
『ヤブガラシ』は、「山林を枯らして、家を貧乏にする」という恐ろしい(笑)植物です。
葉っぱの形が変わっているので、観察してみてください。


写真:クサノオウ(全体)写真:ヤブガラシ
クサノオウ(全体)
ヤブガラシ(全体)

皆さんも博物館にいらっしゃった時に公園内を散策されてはいかがでしょうか?
12:00 | 担当者 K.S