やまはくブログ

やまはくブログ >> 記事詳細

2021/03/18

やまはくセレクション開催中!

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
収蔵資料の中から興味深いものを選んで展示する「やまはくセレクション展」も3回目。
毎回開催を楽しみにしている方も多いと聞くこの展示会ですが、スタッフの個人的なイチオシ注目ポイントを少しだけご紹介します!

まずは民俗部門。昭和2年発行「全国産業博覧会案内図」に描かれた数々の山形名物にご注目!中には、昨年惜しまれつつ幕を下ろした老舗店の名物「丸八やたら漬」も!

お次は歴史部門。太平洋戦争関連資料の中でひと際目を引く大きな木製プロペラ。これは薄い木材を重ね作られています。何枚重ねか、実物の断面を見て数えてみてください!

教育部門から出展中の学級文集『きかんしゃ』は、パネルで一部を読むことができます。手書きの文字から、終戦後、懸命に生きる子供達の姿が目の前にありありと浮かんできます。

植物部門では、「山形県立村山農学校」の教職員や生徒により作製された90年近く前の植物標本をご紹介。そんなに時間がたっているとは思えないくらい綺麗です!

考古部門では、縄文土器片(飯豊町数馬遺跡出土)の文様にご注目ください。表面を削ったり抉りこんだりして隆起させた文様は、よく見るとただのストライプ模様ではないんです!

動物部門で紹介しているオニオオハシのはく製。実はこの鳥、有名なお菓子のキャラクターのモデルなのだとか。ヒントは黄色い大きな嘴。会場で実物を見て当ててみてくださいね!

最後は地学部門。ホタテ貝の仲間の化石をご紹介します。殻のふくらみや厚さなど、現在のホタテ貝とは違う姿をしています。それぞれの形の違いを比べてみると面白いですよ!

この他にも、初公開を含む100点以上を展示しています!この先しばらく展示する機会がない資料もあるかも…?お見逃しなく!!
会期は5月9日(日)までです。感染症対策をしっかり行って、皆さまをお待ちしています!!


14:34