やまはくブログ

やまはくブログ >> 記事詳細

2016/07/09

特別展「山形の災害」はじまりました。

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
特別展「山形の災害」がいよいよはじまりました。
山形県の過去の災害について様々な資料から振り返るとともに、これからの防災について考えていくという新しいスタイルの展示会です。
7月9日(土)より、博物館第3展示室にて公開されております。

入口を入りますと、まずは「地震」についての展示となります。
山形県の断層を詳しくあらわした断層地図では、ご自分のお住まいの近くの断層を確かめることができます。
私の家はどうかな?

「火山」に関する展示のなかには、プロジェクションマッピングによる地形表現や、3D眼鏡による山形県の立体地図などがあります。
プロジェクションマッピング


これで地図を見ると・・・


迫力の3D画像が!

担当S.Y個人的には、この立体地図がすごく面白いです(^^)。HP上では再現できないので、ぜひ会場でご覧ください!鳥海山の噴火により、流れ出た溶岩が遊佐の海岸まで達していることがよくわかって、自然の広大さが実感できます。

そのほか、「気象」に関する展示もあり、東北に多い地滑りに関する展示も充実しています。地滑りがおこるしくみや、災害を防ぐ工夫などについて知ることができます。


この展示会を見れば、山形県で起こった大きな自然災害については、ほぼすべてを知ることができる内容となっています。
自然災害はいつ起こるかわかりません。これを機会に自分の知識を整理し、今後の備えについて考えたいものですね。


16:55 | 担当者 S.Y