館長室より

館長室より >> 記事詳細

2018/03/31

春になりました

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
 つい1か月前には、例年以上の雪が降り積もっています、
というブログを書きましたが、山形も3月下旬になり、
まったく雪がなくなり春の到来を実感しています。
 

 春といえば旅立ちと新しい出会いの季節ですが、
私もこのたびの人事異動で別の勤務先に異動となりました。
 この1年間、山形県立博物館に展示やイベントでたくさんの方に来ていただき、
皆さんと一緒に山形の歴史や文化や自然を学ぶとともに
楽しい時間を博物館で過ごすことができました。
 展示を通して新たな発見をした時の来館者の方々のまなざしや
ワクワクドキドキを体験した子供たちの明るい笑顔を忘れることができません。
改めて博物館は心も頭も大きくなれる、
とっても素敵な場所であることを来館者の皆さんに教えていただきました。
 
 この1年間、館内巡回で常設展示資料を日々見てきましたが、
私が気に入って見ていた常設展示資料があります。
国宝土偶「縄文の女神」と世界で一体の「ヤマガタダイカイギュウ」は
別格なので、それ以外の私のお気に入りベスト3です。

第3位
 
 【ブラジル産:アメジスト】
 山形県立博物館の誇る宝石です。
パワーストーンとして大切な人との絆を深め真実の愛を
守るとされています。お祈りすると願いがかなうかも。

第2位
 
 【西川町水沢:ヤマセミ】
 頭の冠羽がつんつんして、縞模様が入っていて、
ちょっとやんちゃな感じがかっこいいです。
しかもカワセミ類の中で最大級の大きさ、体長は30㎝を超えます。

 第1位
 
 【村山市出土:縄文時代晩期の土偶】
 同じ土偶でも「縄文の女神」は芸術を感じますが、
こちらはゆるキャラ系で心が癒されます。

 1年間、山形県立博物館で、今まで知られていなかった文化や自然を掘り起し
守り伝えていく仕事にかかわれたこと、そして、たくさんの来館者の皆様に
出会えたことに感謝申し上げます。
 これからも山形県立博物館をよろしくお願いいたします。


15:53