館長室より

館長室より >> 記事詳細

2016/05/29

~皐月~

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
「化石-太古の不思議な生き物たち-」展が5月8日に終了しました。アンケート結果を見ますと、回答者の約6割が10代でした。多くの子どもたちに見てもらえたことを嬉しく思います。

 さて、その2日後に「県の石」(日本地質学会選定)の発表があり、岩石では山寺の「デイサイト凝灰岩」、鉱物に小国町の「そろばん玉石」、化石には大江町で発見された「ヤマガタダイカイギュウ」が選定されました。
 今回選定された山形県の石は、いずれも文化財に関連したものであり、特に、本館で常設展示している「そろばん玉石」と「ヤマガタダイカイギュウ(レプリカ)」は、県指定の天然記念物です。山形の大地の成り立ちと文化財をよりよく知っていただく機会になればと考えています。ご来館の際には、ぜひご覧ください。

 
第1展示室 ヤマガタダイカイギュウ(レプリカ)


第1展示室 ソロバン玉石
(1階の岩石・鉱物コーナーにも展示しています) 

 21日からは「京と山形の交流-伝えられたやきもの-」展が始まりました。ご所蔵者様始め、ポスターづくりでは、東北芸術工科大学のグラフィックデザイン学科赤沼研究室の皆様に多大なご協力をいただきました。
 さらに、秋のプライム企画展に向けては東北芸工大文化財保存修復研究センターの皆様に様々な視点でご支援ご協力いただいていることをご紹介し、改めて感謝申し上げます。


展示解説会の様子
多くのお客様にお越しいただきました。

 今年度予定されている企画展に始まったわけではないのですが、担当学芸員の人脈を最大限活用し、各部門に興味を持つ学生の皆さんに実物を見て学んでいただく機会を提供できるのは、本館にとっても大変有意義なことと考えます。これからも一層、こうした連携を推進していきたいものです。

 公園内の草の刈り取り作業を見ると、植物の圧倒的な成長パワーを感じさせられます。夏のような陽気の日もありますが、梅雨らしい天候も見られるようになりました。体調管理に留意していきましょう!

11:00