館長室より

館長室より >> 記事詳細

2014/10/29

連絡協議会研修会研修会より

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
 山形県博物館には「連絡協議会」という組織があります。これは各施設の連絡提携を密にして、互いの発展に寄与しようという目的で、県内の主だった博物館、美術館等が加盟しているものです。今年度は72館が加盟しており、県立博物館がその事務局を務めています。

 10月23日には県立うきたむ風土記の丘考古資料館が幹事館となって、年に一度の研修会が行われました。
高畠町郷土資料館長・井田秀和氏からは「高畠町の文化的景観―石のある風景―」と題して講演をいただきました。高畠町では人が住み始めた太古の昔から現代にいたるまで生活の中にいかに石文化が守られてきたが理解できる興味深い話でした。

 他に、うきたむ風土記の丘考古資料館、高畠町郷土資料館、瓜割石庭公園、浜田広介記念館を見学し、高畠の歴史、民俗、文化、自然などを堪能した一日でした。近々また訪れてさらに高畠の魅力に触れてみたい、そんな気になる有意義な研修会だったと思います。また、参加した加盟各館には、今回の研修成果をそれぞれの運営に生かしていただきたいと考えています。


瓜割石庭公園の石切り場跡です。
大正時代から平成22年まで高畠石の採掘拠点でした。
見上げるようにそそり立つ石壁の景観は圧巻でした。

 なお、この連絡協議会加盟館の情報につきましては、当館HPのトップページにあるバナー「やまがたのミュージアム」又は「協議会加盟のイベント一覧」をクリックするとご覧いただけます。
 
13:09