資料館だより

資料館だより >> 記事詳細

2020/01/19

校庭から見つかった貴重な資料

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
 今年は降雪も少なく例年にない暖冬ですね。この時期、教育資料館の前庭は真っ白に覆われるのですが・・・。
 今回は前庭に設置している戦前の学校資料「宮城遙拝(きゅうじょうようはい)方位盤」を紹介します。
 
 宮城遙拝とは、はるか遠くにある皇居に向かって拝礼することです。皇居のある方位を示したこの石盤は、昭和15年(1940)につくられ、山形市立第五小学校に置かれていたものでした。戦後しばらく経って、校庭の隅にあった植え込みから発見され、当館に寄贈されたものです。
 方位盤は前庭南側「教学百年」の石碑の近くにあります。興味のある方は探してみてください!

 当館は、江戸時代から現代まで教育に関わる資料を多数展示し、山形県の教育の歩みを学べる資料館となっています。
 暖冬とはいえ館内は寒いので、来館される方は暖か~い服装をしてお越しください。

13:15