やまはくブログ

やまはくブログ >> 記事詳細

2017/05/26

緑の季節

Tweet ThisSend to Facebook | by y001

霞城公園内の桜の季節はすでに終わりましたが、「桜」に変わって公園に満ちているのが新葉の「緑」です。

花が散ったあとのサクラを始め、イチョウやトチノキ・ケヤキなどがそれぞれの「緑」で葉を茂らせています。

それぞれの樹木の「緑」を比べてみるのも楽しいかもしれません。

イチョウの木

写真は、博物館前のイチョウの木です。

他の樹木と比べて、「緑」の濃さはいかがでしょうか。

イチョウはちょうど今頃、花をつける樹木です。


雄花

イチョウには雄株と雌株、つまり男女の木があります。

写真は雄株に咲く雄花です。

雌花は秋になると、独特な香りを放つ、銀杏(ギンナン)になります。

 

イチョウはイチョウ科イチョウ属イチョウで、他にイチョウ「親戚」はいません。

また、イチョウは世界で初めて、植物が実をつけるのにも「受精」が必要なことが日本人によって明らかになった木でもあります。

 

ちょっと、イチョウを見る目が変わってきませんか?


13:14