やまはくブログ

やまはくブログ >> 記事詳細

2017/05/14

本日、ぶらぶら日和なり♪

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
今年度の街歩き体験「ぶらぶら山形城」の第3回目は、
旧山形城内を詳しく見て歩く
「旧山形城本丸・二の丸探索」でした。
講師は、日々山形城内を発掘していらっしゃる
山形城のエキスパート!
齋藤仁氏(山形市教育委員会社会教育青少年課)です。

今回は最上義光騎馬像の前に集合。
昨日までの雨も嘘のように晴れ上がり、
遠くは庄内・最上地方からもご参会いただきました。

東大手門の桝形(ますがた)から出発し、ゆっくりと
霞城公園の北側半分を散策し、最後は本丸で解散。


今日一番の見所は、昨年本格的な発掘調査がなされた
艮櫓(うしとらやぐら)!

今ならいつでも現状が見られるので、興味のある方は
ぜひご覧ください。
また、北側には幕末期には土塀がなかったというお話は
参加者のみなさんにウけてました☆

西不明門の布目崩し積み(ぬのめくずしづみ)の跡は
みなさん興味津々で撮影スポットになっていました。
城郭好きには堪らない?!

本丸の土塁は、濠側が40度で城側が20度の斜面に
なっていることも、解説を聞いてみなさん実際に
確認できて納得の表情でした!

2時間かけて霞城公園北側半分を巡ってみて、
想像以上に壮麗な城郭が存在したということに
思いを馳せることができました。
山形市の中心部で広大な面積を占める旧山形城、
歩いて実感、やはり只者ではない?!
今後の発掘調査の結果からも目が離せませんね。
(山形市教育委員会主催で9月中旬に北側半分の
発掘調査結果の現地説明会が実施予定とのこと、
興味のある方は山形市の広報を要チェック!)


次回は、暑い夏を避けて後半2回を10月に実施する予定です。
10月8日(日) 第4回「旧馬見ヶ崎周辺を歩く」
10月22日(日) 第5回「山形城南部と寺町めぐり」
詳細は9月上旬にお知らせしますので、HP要チェックです!
(申込み方法等変更を検討しておりますので、内容を必ずご確認ください。)


15:12