やまはくブログ

やまはくブログ >> 記事詳細

2011/09/16

学芸員に突撃インタビュー♪ ~動物編~ その3

Tweet ThisSend to Facebook | by y001

インタビューその3です
どうぞごらんください!!

(5)クモについて

最近よくクモが巣を張っているのを見ますけれども、秋にクモは多いんですか?
いや、夏が多いんだけど。
ジョロウグモなんかは今から大きくなって目立つけどね。
オオヒメグモは家の周りで一年中見られたりする。不規則な巣をつくるんだけどね。

地面を走り回ってるクモを見かけますが?
コモリグモが走り回ってるけど。
一般的なクモは夏に卵を産んで、ふ化するわけだけど、冬までに何回か脱皮して、越冬するんですよ。
卵の状態で越冬するんじゃなくて、子供にかえってから越冬するんですよ。
それで、春夏で親にまで成長して過ごすわけです。
ほぼ1年で親になるね。タランチュラなんかの大きなものだと2~3年かかるけど。

熱帯雨林とか、日本のように季節がはっきりしない土地だと好きなタイミングで成長したりするんですか?
成長のサイクルは違ったりするかもしれないけど、小型のクモは1年が多いと思うね。

クモは暖かい気候の地域の方が多いのですか?
どこにでもいるとは思うけど、暖かい地域の方が多いね。
東南アジアとかの熱帯雨林なんかにはどのくらいいるかわからない。
人も行かないしね。

テレビでタランチュラを食べているシーンを見たりしますけど、実際に食べたことは?
ないですよ。機会があったら食べてみたいんですけどねぇ。

危険なクモとかっています?
カバキコマチクモ。ススキの葉を巻いて産卵するんだけど。
噛まれると2週間ほど痛いっていうくらいなんだけどね。
ゴケグモの仲間は外来種なんだけど、比較的毒性が強いといわれてる。
ただ、これもいわれてるだけで、噛まれても大丈夫だったなんて人もいる。
ハチに刺されて亡くなった人はたくさんいるけど、クモに噛まれて亡くなってのは聞かないからね。
そんなに危険なクモはいないんだよね。
もちろん、毒は持ってるんだけどエサをとるためのもので、エサとなる昆虫に効くって程度。
それは人間にはあまり効果はないね。
オニグモとか大型のクモに噛まれたら痛いけどね(笑)
むやみにこちらから手を出さなければ噛まれないよ。

クモは何を食べるんですか?
肉食だから、ほかの虫とかね。

全部肉食?
全部肉食。

(6)研究以外のことについて

クモを研究するだけでなく、クモをモチーフとしたグッズを集めていらっしゃいますが、
いつから集めているんですか?
昔からだね。

やっぱり、映画のスパ〇ダーマンとかは全部いち早く観たんですか?
観ました。いち早くではないですけどね。

大阪にある映画のテーマパークだと、ス〇イダーマンのアトラクションに乗っちゃう?
スパイダー〇ングッズは買っちゃう?
行ったことあるけど、結構前だからなぁ。そのアトラクションはなかったかな。
グッズは買う。

クモの巣をモチーフとしたデザインはよく見ますよね。
ハロウィン近くのこれからの時期だと、クモのグッズがたくさん売られますね。
クモグッズはあったら買っちゃいますか?
そうだね。

写真:ヤマガタダイカイギュウさん
クモのアクセサリーを特別につけてもらった
リポーター役のヤマガタダイガイギュウさん
しかも論文の上で・・・(恐縮)

専門分野であるクモの研究以外には、お休みの時などは他にどんなことを?
普通に観光、とかかなぁ。

夏休みとかは家族にどこか連れてってと言われたら連れて行っちゃう?
連れて行くこともあるね。
今年は千葉にあるねずみのテーマパークに行ったね。
ただ海の方の中の配置がよくわからなかったんだけどね。
陸の方は何回も行ったことあるけど。
大阪の映画のテーマパークはさっき言ったように、前に行った事あるんだけど、
ちょうど台風が直撃してたな。

写真:着たくまさんとヤマガタダイカイギュウさん
クモの着ぐるみを着たくまさんと
リポーター役のヤマガタダイガイギュウさん
ふたりの背後にはクモの標本や
阪神タイ〇ースグッズがちらり・・・

じゃあ、来年は大阪のテーマパークですね。
大阪といえば、先生は阪神タイ〇ースの消しゴムやストラップをお持ちですが、
やっぱり阪神ファンですか?それは昔からですか?
そういうことになってますね(照)

サッカーはもちろんモンテディオ山形ですよね?
もちろん、もちろん。

(7)最後に

では、ホームページをご覧の皆様にひとことお願いします。
世界の蝶や、色々な昆虫をたくさん展示していますので、見ただけでも非常に楽しいと思います。
多くの方に来ていただきたいですね。
蝶とかカブトムシとかきれいなものからインパクトのあるものまであるので、
少しでも興味のある方は気軽にどうぞ!

ちなみに・・・
先生は個人的な研究の目標としては死ぬまで研究?
可能な範囲で、としか。
もっと東南アジアとかで頑張って採集すれば比較的新種を見つけやすいけど、
論文にするのが難しいんだよね。
英語で書いたり、図を描いたりね。全部自分ひとりでやってるからね。

数じゃないですからね。
いや、数はあった方がいい(笑)


YoH学芸員の影響からか
わたしたちも、クモをむやみに怖がらなくなりましたし、
家の中で見つけても速やかに逃がすようになりました。
クモを見つけると、まずは何という名前なのか気になります!

次回は一体いつ・誰をご紹介するのでしょうか!お楽しみに~♪
12:00 | 担当者 K.A