やまはくブログ

やまはくブログ >> 記事詳細

2012/11/14

文化の日!!

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
こんにちは!
11月7日は二十四節季のひとつ「立冬」で、暦の上ではもう冬に突入しましたね。
暑い暑いと嘆いていたのが昨日のことのように思い出されるのですが・・・
山形は冬も厳しいですから、冬支度をしっかりして、体調管理もばっちりして、元気に冬を乗り切りたいものですね!

さて、11月3日(土)は文化の日ということで、博物館では館を無料開放し、たくさんのイベントを行いました!
せっかくですので、その様子を一緒に楽しみましょう!

入口では無料入館日の看板と受付の皆さんがお出迎え。


受付を抜けて館内に入ると、すぐ右側にはなんとクラゲの展示が!
クラゲの展示をしてくれたのは、クラゲ博士の「クラゲマイスター」の皆さん。子供たちのいろいろな質問に非常に分かりやすく解説してくれます。
みんな興味深そうに見ていますね。手袋をはめてクラゲに触るコーナーもありましたよ!


さらに1階を奥に進んだところでは、昔の遊びを体験できるコーナーがありました。
コマやメンコ、輪投げ、あやとり、お手玉、けん玉、だるま落としなどなど、普段よりおもちゃの量を増やしました。博物館ボランティアさんに遊び方を教えてもらいながら、子供も大人もみんな一緒になって楽しそうに遊んでいました。特に、コマに夢中になってやる子が多かったですね。上手にできたかな?


向かいの講堂では、「粘菌の広場」というイベントをしていました。
ここでは、顕微鏡や虫めがねでの粘菌の観察や、粘菌のキーホルダーを作るといった体験ができました。みんなキーホルダー作りに夢中ですね。


講堂ではもうひとつ、「スライムの広場」というイベントが開催されていました。
ここでは、「スライムマイスター」の皆さんの指導のもと、伸びるスライムや膨らむスライムを作る実験ができました。薬品も使うので、目に入らないようにしっかりゴーグルをつけて、さあ混ぜましょう!思いのほか大人の方も楽しんでいましたよ。


講堂を出て隣の学習室を見るとこちらでも何かイベントをしていますね。
こちらではやじろべえや輪ゴム鉄砲といった昔なつかしのおもちゃを作れるみたいです。
輪ゴム鉄砲がすごい人気で、普通のでは満足せず、2連、3連と発射できる代物を作る子もいましたよ。


階段を上ると、2階でも何かイベントをしていますね。のぞいてみましょう!



写真の手前側では、蔵王マイスターの皆さんによる岩石標本と鉱物標本作りをしていました。
蔵王から採集してきた石を使って標本を作れるそうですよ。いろんな見た目の石があるけど、きちんとそれぞれに名前が付いているそうです。みんなは見分けがつくかな? 出来上がった標本がこちら!


写真の奥側では、山形大学の学生さんによる「カラフルカプセル」作りが体験できました。
2種類の水溶液の化学反応によって、こういったつぶつぶを作っているそうです。ちなみに絵の具で色付けしていなければ食べても問題ないそうですよ! みんなきれいなカプセルが作れたかな?


おっと、どうやら講堂で講演が開催されるそうです!
駆けつけてみると、山形大学理学部の栗山恭直教授による「たのしい科学実験」が開催されるところでした。振ると青くなる液体や小規模な爆発の実験など、子供たちを驚かせるさまざまな実験を用意していただき、とても楽しい科学実験の講演でしたね!


さて、山形県立博物館の文化の日イベントはいかがだったでしょう!?
これからも博物館ではさまざまなイベントを企画していきますので、ときどきホームページをご覧になってみてください! 興味を持ったイベントがありましたら是非お気軽にご参加ください!


11:00 | 担当者 H.Y