やまはくブログ

やまはくブログ >> 記事詳細

2012/02/17

「あい」のある資料~収蔵庫編~

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
バレンタインデーは終わってしまいましたが…
前回に引き続き
「あい」のある資料をご紹介します!!

今回は『収蔵庫編』!!
収蔵庫にある資料から、職員おすすめのとっておきの「あい」をお見せしちゃいます!(^^)!

●地学 「アイ」から見つかった資料
 ザクロ石、またの名をガーネット (garnet)!!
 宝石店でおなじみの名前ですよね♪
 ガーネットは1月の誕生石でもあります。
 写真の赤色の鉱物がザクロ石です。
 どこに「あい」があるかというと…

 採集地が、
アメリカアイダホ州 ←ここに「アイ」が!(^^)

ざくろ石
ザクロ石入り絹雲母
-garnet into sericite-

 実際はもっとザクロ色なんですが…写真でうまく伝えられず(泣)


●植物 29点の「アイ」(の資料)
 「あい」のある植物というと、、、
 ずばり、
「アイ」(Persicaria tinctoria)です。

アイ
アイ -Persicaria tinctoria-

 タデ科の植物で、外形はイヌタデによく似ています。
 アイは
葉を傷つけると傷口が藍色になります。
 そう、皆様おわかりですよね。
 藍染に使用する植物なんです。
 東南アジアから中国に自生しています。
 6世紀頃に日本に伝わり、栽培されるようになりました。
 現在ではほとんど栽培されなくなっています。
 県立博物館には現在、29点の「アイ」の標本があります。

●歴史 「相(あい)」がつく資料
 文字が書かれた歴史資料(古文書など)には、

 「相(あい)」がつく資料がとても多いです!!
 たとえば…
 「相渡申田地事」(相渡し申す田地之事) = 田地をお渡しします。
 「相心得申候」(相心得申候) = 心得ました


相渡申田地之事拡大
 「相渡申田地之事」 

 この「相」は他の言葉のあたまについて、
 下のことばを強調したり、リズムを整えたりする働きがあります(^o^)
 他のことばを助けるという思いやり(?)。…これも愛情ですね!!

 ちなみにこれらの資料は、
 博物館の
「収蔵資料データベース」から検索できるものもあります)^o^(
 気になった方は、こちらからどうぞ →
  収蔵資料データベース
 まだ見ぬ「あい」の資料が発見できるかもしれません…。
10:27 | 担当者 K.M