館長室より

館長室より >> 記事詳細

2016/01/23

睦月

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
寒中お見舞い申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 暖冬で雪の少ない正月でホッとしていたのも中旬まで、大寒を迎えるに相応しい(?)寒波が到来しました。一方、年始から激動の年を予感させる事件が相次いでいます。
 世界各地で繰り広げられるテロ関連報道、国内では、株価の大幅な値下がりや軽井沢でのスキーバス事故、さらにはSMAPの解散(?)報道と続いています。中でも、多くの若者が亡くなったバス事故には、一人ひとりの言葉にできない無念やそれぞれの家族の悲しみを想像すると、やり切れない思いでいっぱいになります。
 
 さて、本館での、友の会との共同企画展の解説会(9日・16日)や昔の遊び道具作り(10日)といった催し物に多数ご来館いただきました。これからも週末ごとにさまざまな企画をしておりますので、HPをご覧いただければ幸いです。
 
  
 昔の遊び道具つくり 輪ゴム鉄砲で遊ぶ様子  共同企画展解説会の様子

 また、来年度の企画展の概要も見えてまいりました。
「未来に伝える山形の宝」となる品々を紹介し、新たな発見につながるものにしたいと全職員で臨んでいます。
正式に決まり次第お知らせいたしますので、乞う!ご期待。
 
 それにしても、ここ数日の積雪には驚かされます。19日には、職員総出で除雪作業にあたりました。
現在、霞城公園内は一面の銀世界に変化し、行き場を失ったカラスの大群が夕空を舞っています。
そのため、晴れた夕暮れには白と黒、そして青空の見事なコントラストを目にすることができます。
しかし、足元に目を転じると除雪が十分でない歩道が続いています。
(ご来館の際にも、十分気をつけてくださるようお願いします。)

 
   銀世界

  お城の上空を舞うカラスの大群

 山形県立博物館が県民の皆さんに「おもしろい、ためになる」場所と思っていただけるよう努めてまいりますので、ご支援よろしくお願いいたします。

09:00