資料館だより

資料館だより >> 記事詳細

2015/06/28

学生帽

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
皆さん、こんにちは。教育資料館です。

6月といえば梅雨の季節ですね。
ニュースでは、豪雨の警戒注意報など、全国で天候を取り扱う機会が増えてきているこの頃です。

ところで、昔の学生たちはどのような雨具をもって通学していたのでしょうか?



明治や大正時代の学生は、傘を持っていくことは少なかったようです。
そこで代わりとして使われていたのが、帽子マントでした。


学生帽
が最初に導入されたのは、明治に入ってからです。
当時は洋服が高価だったため、制服よりも制帽を先に定める学校が多かったそうです。
はじめは、着物と袴(和服)姿に学生帽を合わせることが多かったようですが、洋服が普及するにつれて、制服・制帽姿も定着するようになりました。


制服に身を包み、校章の入った学生帽を被った学生の姿
は、
当時の少年たちの憧れ絵文字:キラキラでもあったのです。

の美しい季節、教育資料館へのご来館をお待ちしています。


12:00