やまはくブログ

やまはくブログ >> 記事詳細

2011/11/04

記念展『出羽国成立以前の山形』

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
10月8日(土)から、
山形県立博物館40周年記念展
「出羽国成立以前の山形」(でわのくにせいりついぜんのやまがた)
が開催されています。
旧石器時代から古墳時代までの、いろいろな考古資料が勢ぞろい!!


写真:入り口
考古の世界へようこそ・・・

注:記念展は撮影禁止になっています。(今回はブログ用に特別許可をいただきました)
どうぞ、ご自身の目でじっくりご覧ください!!

写真:展示案内

中央に、ガラスケースに入った資料がありますね・・・
こちらは、
〇〇が貼られている縄文土器(見てビックリ!!)や、
「〇〇のヴィーナス」と呼ばれている土偶(素晴らしいプロポーション!!)などが飾ってあります!!
詳細は、来館してからのお楽しみ♪

では、展示室の左側に進んでみましょう。
こちらには、「
水木田遺跡」(みずきだいせき、山形県最上郡最上町)の出土品が展示されています。
これらの資料、何と国指定の重要文化財なんです!!


*国指定重要文化財・・・文部科学大臣が、国と国民にとって重要であると指定した有形文化財の事。
(参考:文化財保護法第3章第1節)

写真:土器
土器がズラリ・・・。土器にドキドキ・・・。

これらの土器(正式には深鉢形土器といいます)は、90cm近い高さのものもあります!!
ぜひ近くでご覧になって高さを実感してみてください。


他にも、可愛い骨角器(動物の骨で作られた道具)、かっこいい太刀装飾がスゴイ・・・)など、
見どころがいっぱいです。12月11日(日)まで開催しているので、ぜひ足をお運びください!!


11月23日(水)には、体験教室「縄文時代人の櫛(くし)を作ろう!」が行われますので、
興味のある方はぜひ足をお運びください!!

写真:展示室内のベンチ
展示室内のベンチ。ひと休みひと休み・・・。


12:00 | 担当者 K.M