館長室より

館長室より >> 記事詳細

2018/05/16

春の博物館まつりご来館ありがとうございました

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
絵文字:星これからのブログは、新任館長:小松幸樹がお届けします。

 着任以来、一か月以上が過ぎました。今年度の「館長室より」、スタートします。
さて、山形県立博物館では、今年度「春」「夏」「秋」「冬」それぞれの博物館まつりを計画しています。
5月5日のこどもの日無料開館日にあわせ、第一弾「春の博物館まつり」を行いました。
当日は県内外より多くのお客様にご来館いただき、大盛況の一日となりました。
 
 4月に設置されたばかりの「縄文の女神」の木像がお出迎え。
 記念写真撮影スポットとしてもすっかり定着しています。
 
 
 当日は、開館中の企画展「自然の色とかたち」にあわせ、さまざまな折り紙細工や変形手裏剣づくり、また人工衛星の太陽電池パネルに使われる「ミウラ折り」に挑戦。作り出される色とかたちの不思議な世界にみなさん目を輝かせて取り組んでいました。
 
 
 東南アジアや南米に生息し、「空飛ぶタネ」をもつ不思議な植物「アルソミトラ」。
このタネの形を作り、飛ばしてみようというチャレンジ。上手に飛ばすことができたら
博物館オリジナル缶バッジをプレゼント。みんな何度もチャレンジしてくれていましたよ。
 

 憑身シェイガー、今年も大江町から登場。イベントを盛り上げてくれました。
 

 次回「夏の博物館まつり」は8月11日(土)。ナイトミュージアムを予定しています。
これからも「ワクワクドキドキ」のタネをたくさん詰め込んだ企画を準備していきます。ぜひご来館ください。

14:33