やまはくブログ

やまはくブログ >> 記事詳細

2011/10/04

霞城公園 秋の植物観察会

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
9月17日(土)に行われました霞城公園秋の植物観察会について、
少しばかりその様子を紹介します。

当日少し雨が心配されましたが、なんとか曇りになってくれました。
まだ暑い時期でしたが、散策するにはよかったのかなと思います。


写真:秋の植物観察会(1)

ユリノキの葉っぱを持ちながらS先生(植物部門担当)のお話です。
先生の左隣でスピーカーを持っているのが植物部門のスタッフです。
2時間近く重たいメガホンを持っていただいてご苦労様でした。

ちなみに、ユリノキは英語名を tuliptree といいます。
チューリップのような花を6月頃咲かせます。


写真:秋の植物観察会(2)

秋の七草のひとつ、ススキとオギの花の違いをルーペで観察しています。

みなさんもルーペを持って野山に出てみませんか?
花の構造や葉上の毛の有無などは植物の分類において重要です。
もっと植物への理解が深まると思いますよ!


写真:秋の植物観察会(3)

みなさん、マツの仲間の葉をさわっています。

写真のように、参加者のみなさんはマツの仲間の葉をさわって、
クロマツの仲間かアカマツの仲間か調べています。
クロマツの葉だと、少し手に刺さるように痛みを感じますが、
アカマツの葉はそれほど痛くありません。
この木はどちらの品種でしょうか?
みなさんもツンツンしてみてください。

これらの植物以外にも、ニシキギ、ヤブガラシ、スズカケノキ類、サイカチ、
アメリカオニアザミ、プラタナス類、ポプラ類、ニセアカシア、セイヨウタンポポ、
シロツメクサ、サクラ類、イヌタデ、エゾエノキ、オオウバユリ、ピラカンサなどを観察しました。

これら以外にもさまざまな植物を観察できます。
これから霞城公園を散策して、小さな秋を探してみてはいかがでしょうか。

今回は暑い中、27名の方が参加されました。ありがとうございました。
次回は平成24年3月24日(土)です。またのご参加をお待ちしております。

12:00 | 担当者 K.S