館長室より

館長室より >> 記事詳細

2017/12/13

落書き大好き!江戸時代の子供たち

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
 館長室に貼ってある月別カレンダーも残り一枚となりました。
館長室からは霞城公園の木々がよく見えますが、
先日の雪ですっかり冬の景色となりました。
 

 山形県立博物館には霞城公園内にある本館のほかに、
山形県師範学校として明治34年に建てられた教育資料館が
県立博物館分館としてあります。
 外観はルネッサンス様式を基調としており、
重要文化財にも指定されている重厚な姿は、
私たちを明治時代にタイムスリップさせてくれます。
 

 教育資料館の中には、江戸時代から現代までの様々な本県の
教育に関する資料が展示されていますが、私が大好きなのは、
江戸時代の寺子屋の板戸に書いてあった子供たちの落書きです。
 今も昔も子供たちはいたずらが大好き。
板戸には「文久二年」(1862年)の文字が書いてあります。
楽しい落書きを見ると、150年前、たくましく生きていた子供たちが
確かにいたことを実感します。

 
 寺子屋のジオラマの後ろの板戸に落書きが・・・・・

 
 アンパンマン

 
 イケメン


10:05