博物館組織


山形県立博物館内の組織についてご紹介いたします。


▐ 組織図

山形県立博物館組織図

 

▐  職員紹介

 副館長 児玉 利幸 ホスピタリティーあふれる博物館を目指し、日々努めてまいります。是非、ご来館を!
  坂尾 聡 「おもしろく、ためになる博物館」になるように努力します。一度来館された方も、もう一度来館してください。きっと新しい発見があると思います。
 総務課 鈴木 美明 庶務・経理を担当しております。皆様のご来館を、心からお待ちしております。
  石山 元晴 施設管理を担当しております。御来館される皆様が心地よく展示物をご覧いただけるよう努力します。
 

 鈴木 弘二

 気持ちよく見学できるよう、入館者の皆様への目線に立って考え、勤務しています。ご来館をお待ちしています。
 学芸課 山口 博之 企画展「京(みやこ)と山形の交流」、プライム企画展「よみがえる古の大寺院「寶幢寺」至宝展」を担当します。また歴史資料の整理に積極的に取り組み、特設展示などを通して収蔵品の公開にも努めます。県民の皆様により親しまれ、何回も来ていただける魅力ある博物館を目指し努力します。
  本間 正明 動物部門の資料の整理や自然学習会を担当しています。朝日・金峰・飯豊・神室少年自然の家で開催される自然学習会にもぜひご参加ください。魚や昆虫など、動物に関する相談もお待ちしています。
  青木 章二 教育資料館(分館)に勤務しています。教育資料館では、山形県の地域教育史に関係するさまざまな資料を展示・収蔵しています。四季折々の庭園風景も楽しめますので、ぜひご来館ください。
  石黒 宏治 地学を担当しています。地学部門の資料の整理を行っています。地学に関すること、天文や気象についてのご相談もお待ちしています。
  押切 智紀 考古学を担当しています。今年も国宝である「縄文の女神」の展示解説会を行います。また、勾玉つくり(夏休み体験教室)や考古学講座も担当しています。ご来館をお待ち申し上げております。
  山口 真 植物を担当します。山形の植物に興味を持ってもらう活動や植物部門の資料の整理を行っています。植物に関することのご相談もお待ちしています。
  須田 真由美 民俗部門を担当しています。地域のくらしや伝統などに関する資料整理や展示を行なっています。街歩き体験「ぶらぶら山形城」や体験イベント「昔の遊び道具つくり」など、“ちょっと昔”を気軽に体感できるイベントを実施していますので、ぜひご参加ください。
  川上 新一 植物、きのこ、粘菌などの標本・資料の整理・展示・デジタル化を担当しています。また、ミクロの世界入門講座や植物観察会などを開催しています。粘菌の研究も行っています。お気軽にお問い合わせください。
  佐藤 佳美 古文書講座の担当として、皆さまに分かりやすく、楽しんで講座を受講していただけるよう努めます。
  金澤 麻美 展示解説を担当しています。館内の資料についてのご質問やご相談もお受けします。皆様のご来館をお待ちしています。
  橋本 祐子 展示解説を担当しています。博物館には貴重で面白い資料がたくさんあります。是非お越しください。
  岩田 はるか 教育資料館(分館)に勤務しています。資料整理を担当しています。ご来館をお待ちしております。
  伊藤 修 地学部門の資料同定、整理を担当しています。
  野口一雄 民俗部門の専門嘱託です。また、友の会の事務局を担当しています。博物館のサポーターが着実に増えています。これからもサポーターの拡大を目指して活動しています。