博物館概要


 山形県立博物館は、山形市の中央部に位置する霞城公園のなかにあります。ここは旧山形城(二の丸内)で桜の名所であり、市立郷土館、美術館、県立体育館等の立ちならぶ文教ゾーンで、県民の憩いの場所ともなっております。現在、公園は国の史跡指定を受け、東大手門が復元され、本丸石垣の発掘工事がおこなわれております。
 館内の展示室は、おおきく3室にわかれております。第1展示室は「豊かな自然とそのめぐみ」というテーマのもとに、山形のなりたち、森林・野鳥・昆虫等の世界を、わかりやすく展示しております。ここでは、世界的な発見といわれた「ヤマガタダイカイギュウ」という化石が、代表的な展示です。第2展示室は「山形の大地に刻まれた歴史」というテーマで、山形の考古資料、最上川、三山信仰、紅花等の資料を展示し、山形の歴史が理解できるようにしております。第3展示室は「近代山形くらしのうつりかわり」のテーマで、文明開化から現代までのくらしの変遷、山形の焼きもの・郷土玩具等の資料を展示しています。特別展示室では、催し物展(企画展)、特別展を開催しておりますが、どの場面でも自力で学習できるように、展示資料等に創意と工夫をこらしております。
 また附属施設として、県内でもっとも貴重な湿原である琵琶沼(県天然記念物)を中心に「自然学習園」を開設して、県民に自然学習の場を提供しております。さらに1901(明治34)年に建築された県内の代表的な西洋建築として、国重要文化財に指定されている「旧山形師範学校本館」の建物に、“教育県山形”の教育のあゆみを展示した教育資料館が、分館として開館し、ユニークな展示活動をつづけています。
 なお、当館は展示活動のほかに、講座、博物館教室、研修会、相談活動等の教育普及事業をおこない、生涯学習の一翼をになっております。
 
写真:本館写真:分館(教育資料館)写真:附属自然学習園(琵琶沼)
 本館 分館(教育資料館) 附属自然学習園(琵琶沼)