山形県立博物館評価(試行)


1 基本方針
  1. 集めて、伝える博物館の基本的な活動に加え、県民とともに資料を探求し、知の楽しみを分かち合う博物館文化を創造する。  
  2. 山形県第5次教育振興計画の見直し等を踏まえ、本館、教育資料館、附属自然学習園それぞれの機能を充実と、総合博物館の特色を生かした運営に努める。  
  3. 地域文化・社会教育の中核的拠点として、生涯学習や交流の場及び成果を生かす機会を提供し、県民に親しまれ信頼される博物館をめざす。

2 運営方針

1. 収蔵資料の整理と安全な資料保存
収蔵資料の整理と登録資料情報のデジタル化を進めると同時に、資料の価値を創造をとおして重要資料の文化財指定に向けた準備を行う。また、温湿度計測や虫害定点観測など基礎データを蓄積し、安全な資料の保存につとめ必要な措置を講じる。
2. 安全性を考慮した情報管理と公開の推進
情報システムのセキュリティー、バックアップ体制を強化しながら、県民が利用しやすい情報管理を推進し、博物館情報の一層の公開とその有効活用を図る。
3. 魅力的な展示企画と来館者への配慮
県民の声や要望を踏まえ、本県固有の自然や歴史や文化、県民性を浮き彫りにする展示会を開催する。わかりやすい展示解説に努め、興味・関心を喚起する。
4. 教育・普及活動及び相談活動の充実
児童・生徒はじめ県民各層を対象とした教育・普及活動、特に体験活動を充実する。また、来館・メール・電話相談に丁寧に対応する。
5. 博学連携、地域連携の推進
小中学校と連携・協力を図れるよう、新学習指導要領の全面実施に対応した教材  を作成・提供のあり方を研究する。また、市民団体、NPOなど県民各層との連携事業を推進する。
6. 広報活動の積極的な展開と関係団体との連携・協力
情報の発信、広報活動に努め、前年度を超える年間入館者数をめざす。関係機関、県博友の会、ボランティア会との一層の連携・協力を進める。
7. 自己評価システムの確立と公表
博物館活動の成果を検証し、運営の改善と発展をめざすため、自己評価システムを確立し、実施結果を県民に公表する。



平成27年度 山形県立博物館 自己評価書  ※PDFファイル(348KB)を開きます。画像:PDFアイコン

平成26年度 山形県立博物館 自己評価書  ※PDFファイル(330KB)を開きます。画像:PDFアイコン

平成25年度 山形県立博物館 自己評価書  ※PDFファイル(281KB)を開きます。画像:PDFアイコン