企画展 京(みやこ)とやまがたの交流 -伝えられたやきもの-


平成28年度 山形県立博物館 企画展

『京(みやこ)と山形の交流~伝えられたやきもの~』

 

古来山形の人々は最上川と日本海の舟運により京・上方と活発に交流しました。もたらされた、有田あるいは京都などで作られた色鮮やかで優美なやきものは、県内の旧家に今でも大事に伝えられています。今回の展示品もその一つです。江戸時代の伊万里焼(元禄時代~幕末)を中心とし、10枚あるいは20枚などの組み物で箱に入れられ、いままで伝えられていたことは驚くべきことです。さらには鎖国下でありながらも中国(明末~清朝)のやきものが含まれています。江戸時代の京と山形の交流の一端を、城下町山形の生活と文化に華を添えたやきものからさぐります。

 
期 間:平成28年5月21日(土)~6月26日(日)

 

・展示解説会 : 2016521日(土)、65日(日)

※いずれも1330分より

・講演会 : 619日(日)13301500 本館講堂

 「京(みやこ)と山形の交流」 東北学院大学文学部教授 菊池慶子氏

・館長学芸員講座:626日(日)13301500 本館講堂

   「日本と中国の陶磁器」  山形県立博物館学芸専門員 山口博之

色絵八角中皿 有田焼 柿右衛門様式


詳しいチラシについては、以下のpdfファイルをご覧ください。
京(みやこ)と山形の交流.pdf
※ポスター製作は東北芸術工科大学・赤沼研究室(デザイン/大石さくら)の協力を得ました。