共同企画展 私たちのたからもの

第8回 山形県立博物館・同友の会 共同企画展
   「私たちのたからもの」
 -モノから振り返る昭和のくらし
  終戦から昭和の終わりまで-

 山形県立博物館と山形県立博物館友の会との共同企画展として、
「私たちのたからもの」-モノから振り返る昭和のくらし 
終戦から昭和の終わりまで-を開催いたします。
 今回は当館所蔵の故石沢慈鳥氏により山形県に寄贈された、戦前戦後に
国内外で採集された多数の鳥類資料である『石沢慈鳥鳥類コレクション』から
貴重な資料を、「私たちのたから」として展示致します。
石沢慈鳥鳥類コレクションの一部(本館蔵)

 また、友の会会員の“私のたからもの”展示としまして、
『モノから振り返る昭和のくらし-終戦から昭和の終わりまで-』
と題して昭和20年の終戦から昭和の終りまでの約40年間のくらしと文化を、
モノや暮らし・あそび・まなびの道具から振り返ります。
高畠線(高畠一竹ノ森間 電鉄 昭和48年 田植えの頃 本館蔵)


 ○展示解説会
  12月24日(土)13時30分~ 音と映像 
  1月14日(土)13時30分~ くらしの家電 
  1月28日(土)13時30分~ 昭和のあそび 
   ※友の会会員による解説 いずれも会場は第3展示室

 ○講演会
 12月17日(土)
       13時30分~ 県立博物館講堂 
      演題「石沢慈鳥鳥類コレクションとは」
        講師 奥山 武夫氏(元 山形県立博物館 副館長)
      演題「父・祖父 石沢慈鳥の思い出」
        講師 桶舎 富士子氏
           桶舎 典哲氏(首都大学東京 教授)
 2月11日(土) 
    13時30分~ 県立博物館講堂
   「モノから振り返る昭和のくらし
     -終戦から昭和の終わりまで」 
     パネリスト 友の会会員

 チラシはこちら絵文字:矢印 右(ダウンロード.pdf)



お問い合わせ:
〒990-0826 山形市霞城町1-8(霞城公園内) 山形県立博物館
Tel:023-645-1111  Fax:023-645-1112  お問い合わせフォーム