やまがたの野生動物


平成25年度 山形県立博物館 企画展
「やまがたの野生動物 -けものととりの多様性-」 開催要項

 やまがたには多くの野生動物が生息しています。その中にはツキノワグマ、カモシカ、ニホンザルなどのように、繁栄しひととのかかわりをもつ動物もいます。また、ニホンオオカミやニホンカワウソなど絶滅した動物もいます。ニホンジカやイノシシは近県からの侵入が見られるようになりました。
 今回は山形県に生息する哺乳類と鳥類の展示です。本館収蔵の標本のほか県内外の博物館や個人から借用しました。哺乳類はほぼすべての種から多くの標本を、鳥類は絶滅危惧種を中心に展示しています。生態写真についてもできるだけ多く展示しました。珍しい種として、日本では絶滅した「カワウソ」と「トキ」、迷鳥の「タンチョウ」と「コウノトリ」を取り上げました。こどもからおとなまで楽しんでもらえるような内容になったと考えています。

会 期:平成25年7月27日(土)~平成25年9月23日(月)

休館日:月曜日(休日の場合は翌火曜日)
      ただし、8月5日12日は開館、9月3日は休館
会 場:山形県立博物館 第3展示室
開館時間:午前9時~午後4時30分

展示解説会:
7月27日(土) 8月17日(土) 9月14日(土) / 各午後1時30分~

講演会:
時間:午後1時30分から
会場:山形県立博物館 講堂
申込みは不要です。どなたでも参加できます。
8月 3日(土) 「野鳥の生態と保護」
           講師:東北鳥類研究所長 由井正敏 氏
8月10日(土) 「やまがたの哺乳類」
           講師:山形大学名誉教授 伊藤健雄 氏
9月 8日(日) 「吾妻の白猿」
           講師:白猿会会長 縮文夫 氏
9月15日(日) 「野生動物が最も影響を受けるのは」
           講師:山形の野生動物を考える会 東英生 氏

広報:
やまがたの野生動物(ポスター) ※PDFファイル(298KB)を開きます




お問い合わせ:
〒990-0826 山形市霞城町1-8(霞城公園内) 山形県立博物館
Tel:023-645-1111  Fax:023-645-1112  お問い合わせフォーム