やまはくブログ

やまはくブログ
12345
2017/05/14

本日、ぶらぶら日和なり♪

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
今年度の街歩き体験「ぶらぶら山形城」の第3回目は、
旧山形城内を詳しく見て歩く
「旧山形城本丸・二の丸探索」でした。
講師は、日々山形城内を発掘していらっしゃる
山形城のエキスパート!
齋藤仁氏(山形市教育委員会社会教育青少年課)です。

今回は最上義光騎馬像の前に集合。
昨日までの雨も嘘のように晴れ上がり、
遠くは庄内・最上地方からもご参会いただきました。

東大手門の桝形(ますがた)から出発し、ゆっくりと
霞城公園の北側半分を散策し、最後は本丸で解散。


今日一番の見所は、昨年本格的な発掘調査がなされた
艮櫓(うしとらやぐら)!

今ならいつでも現状が見られるので、興味のある方は
ぜひご覧ください。
また、北側には幕末期には土塀がなかったというお話は
参加者のみなさんにウけてました☆

西不明門の布目崩し積み(ぬのめくずしづみ)の跡は
みなさん興味津々で撮影スポットになっていました。
城郭好きには堪らない?!

本丸の土塁は、濠側が40度で城側が20度の斜面に
なっていることも、解説を聞いてみなさん実際に
確認できて納得の表情でした!

2時間かけて霞城公園北側半分を巡ってみて、
想像以上に壮麗な城郭が存在したということに
思いを馳せることができました。
山形市の中心部で広大な面積を占める旧山形城、
歩いて実感、やはり只者ではない?!
今後の発掘調査の結果からも目が離せませんね。
(山形市教育委員会主催で9月中旬に北側半分の
発掘調査結果の現地説明会が実施予定とのこと、
興味のある方は山形市の広報を要チェック!)


次回は、暑い夏を避けて後半2回を10月に実施する予定です。
10月8日(日) 第4回「山形城南部と寺町めぐり」
10月22日(日) 第5回「旧馬見ヶ崎周辺を歩く」
詳細は9月中旬にお知らせしますので、HP要チェックです!
(申込み方法等変更を検討しておりますので、内容を必ずご確認ください。)


15:12
2017/04/23

国宝「縄文の女神」展示解説会(1回目)

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
平成29年4月23日(日)
国宝「縄文の女神」展示解説会スタート!
絵文字:キラキラ

国宝「縄文の女神」は皆さんご存知ですか??

 
 縄文の女神(正面左向き)

本日(
4月23日)は当館において、国宝土偶の「縄文の女神」解説会
第1回目を開催しました! 
参加人数は27人!ありがとうございます!絵文字:キラキラ
今年度から考古担当になった原田研究員が解説しました。


  原田研究員の記念すべき解説会
第1回目です!

  参加してくれたお子さんから鋭い質問がありました。

国宝展示室にある「縄文の女神」以外にも、土偶の仲間が展示されてます絵文字:星
たくさんの方々により知っていただくために、隔月で展示解説会を行っています。

山形の宝「縄文の女神」の魅力を感じていただける良い機会ですので、
是非ぜひご来館ください!お待ちしています。

■国宝「縄文の女神」展示解説会について■

≪詳細についてはこちら
ポスターを表示(PDFファイル:809KB)
開催期日:
6月11日(2回目) / 8月13日(3回目) / 10月8日(4回目) /  12月24日(5回目) / 2月11日(6回目) 

開催時間:

いずれの回も日曜日、13時30分より15分間ほど

会場:
山形県立博物館 第2展示室・国宝展示室

参加料・申し込み:
不要です!※ただし、入館料がかかります。


14:20
2017/04/21

ボランティアさんと一緒に…

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
平成29年4月21日(金)

春が来たとはいえ、まだ風がすこし寒い今日この頃…絵文字:晴れ
山形県立博物館では、館内のご案内や体験活動のお手伝いをする
ボランティアの皆さんが活躍しています!絵文字:星

ボランティアの皆さんは、展示資料にまつわるエピソードなどをたくさんご存じです。
博物館主催でも研修を行うのですが、それ以外にも仲間同士で勉強会をしたり、資料を読み込むなど、日々研鑚を積んでいます。
そんな皆さんへボランティア登録証をお渡しする、登録証交付式が行われました。



代表者から決意の言葉もいただきました。


ボランティアの皆さんも「チームやまはく」の一員です。
一緒に博物館をもりあげていきましょう絵文字:キラキラ
博物館をご見学の際は、ボランティアの皆さんに是非お声をかけてください!
ボランティアの皆さんと一緒だと、より楽しくわかりやすく見学できますよ♪


16:34
2017/04/08

女子教育展解説会

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
平成29年4月8日(土) 
山形県立博物館企画展
「女子教育のあゆみ ―寺子屋の時代から戦後まで―」解説会

女子教育展の解説会が開催されました絵文字:キラキラ
分館(教育資料館)の青木学芸員が解説を担当しました。
参加してくださった方々は、メモを取ったり、展示物を見ながらうなずいたりして、
真剣に解説を聞いていました。


 解説を聞きながら展示に見入る参加者の方々

 昔の教科書にはいったいどんな内容が…?

平成29年度3月4日から5月21日(14日から延長しました)の期間で
開催しています。
 (場所:山形県立博物館2階第3展示室)

 明治初期の山形県にとって学校に通えない女子児童の解消は急務とされ、「子守学級」などの手立てにより、女子の就学率は明治の後期には急速に向上しました。
 本展は、資料の数々を通して、寺子屋の時代から戦後にかけて、当時の女子教育のあゆみを振り返るものです。
女子教育の意義を歴史的視座から捉えなおす機会として、
本展をぜひご覧頂けたらと思います。

        
    雑誌「少女世界」        戦後の山形第一高等女学校の生徒たち(現山形県立山形西高等学校)

企画展の詳細はこちら
チラシはこちら絵文字:矢印 右 ダウンロード(.pdf)

◆展示構成◆
 ①お針と手習い(近世の女子教育)

 ②学校へ行こう!(明治期の女子教育)
  
 ③良妻賢母を目指して(女子中等教育の歴史)

 ④ともに男女が学ぶ時代に(戦後の教育)

 ⑤裁縫科から家庭科へ(家庭科の歴史)

 ⑥その他

13:44
2017/04/04

新年度のスタート

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
 新しい平成29年度の4月がスタートしました。
当博物館のある霞城公園ですが、暖かい日々が続いて、
少しずつ春が近づいている印象です。
博物館近く、山形市郷土館のそばでは、梅の花も咲いてきております。


でも、エドヒガンザクラをはじめとした
多くのサクラの花の蕾は、まだこれからというところです。


これから、霞城公園は一年のうちでもっとも華やかな季節を迎えます。
ぜひ、霞城公園と山形県立博物館にいらしてください!
今年一年、博物館を宜しくお願い申しあげます。
13:34 | 担当者 S.Y
12345