やまはくブログ

やまはくブログ
12345
2017/10/15

古地図を持って、いざ歩こう!

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
山形県立博物館の大人気講座「街歩き体験『ぶらぶら山形城』」の様子をご紹介します!

10月8日に実施の回は、「山形城下」の外れ、今も昔も変わらず山形市民の生活に欠かせない馬見ヶ崎川(まみがさきがわ)の周辺を、古地図を手に持ち、ぶ~らぶら♪

晴天に恵まれ、いつもより長めの距離を歩け、歩け。
旧小白川(こじらかわ)街道を中心に、普段は見逃しがちな昔の痕跡をたどりました!

小白川天満神社では、本堂の中に入り、小川宮司より貴重な絵馬の数々をご紹介いただきました!

 「オランダ語百人一首絵馬」
全国で唯一蘭語で書かれた絵馬で、昨年山形市の文化財指定を受けたそうです

  神社の周りの石灯籠や石造物(写真は亀の親子!?)も
  可愛らしいので注目!!
私たちが滞在していたわずかな時間の間でも、何人も参拝の方がいらっしゃいました。
みなさんご近所さんの様子で、地域愛に触れほのぼの♪ 



本当は渡りたかった馬見ヶ崎川の向こう岸…。
そこには頭加智地蔵(あたまがちじぞう・頭でっかちの意とのこと…)から小白川愛宕神社までまっすぐの旧参道の跡があるのです。歩いてみたかったなぁ~。


この日は絶好の芋煮会日和…
ちょうど芋煮ができあがる時間でおいしそうな匂いが充満する馬見ヶ崎川周辺を歩け、歩け。

最後は「御殿堰」と「八ヶ郷堰」の分水地なども確かめ、また歩け、歩け。


県立山形北高校駐車場で解散…と思いきや、
校地内に残る、馬見ヶ崎川の氾濫で流されてきた大きな岩を確認!
岩は畳一枚分の広さで、人の腰ぐらいまでの高さなのです!!
穏やかに芋煮会を見守る馬見ヶ崎川を今見てきたばかりです…。その馬見ヶ崎川が暴れた時の威力の大きさに一同驚かされました。
参加の皆さん、お疲れ様でした!!

10月22日(日)には今年度最終回となる「ぶらぶら山形城」を開催します。
テーマは「山形城下南部の寺町めぐり」です。一緒に街歩きをしてみませんか?
10月18日(水)まで先着順で参加申し込みを受け付けています。
参加ご希望の方はお早めにお申し込みください!!
  ★申込方法の詳細はこちら


09:00
2017/09/30

プライム企画展開展!!

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000



9月23日に、山形県立博物館プライム企画展「GAGAKU-やまがたに息づく宮廷文化ー」の開展式が行われました絵文字:キラキラ

本展は、約100点の貴重資料をそろえた、全国的にも他に例を見ない本格的な雅楽展になっており、この日は、展示関係者及びお客さまに大勢ご来館
いたただきました。

◆当館館長からご挨拶

江戸時代に京都から念通寺に伝えられた尾花沢雅楽・「楽人会」の皆さんによる奉奏



◆担当学芸員による展示解説会


午後には元宮内庁式部職楽部・楽長の安倍季昌(すえまさ)先生による記念講演も行われました。

12月3日(日)までの期間中は、ミュージアムコンサートの他、雅楽器に触れたり、平安貴族のような装束を身につけて写真撮影したりといった、などさまざまな体験イベントを予定しています。
ぜひご来館いただき、じっくりと雅楽の世界にひたってみてはいかがでしょうか。



★イベントの詳細はこちら
09:00
2017/08/01

☆ナイトミュージアム 2017☆

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
7月29日、30日の2日間、ナイトミュージアムを開催しました。
その名の通り、普段は見ることのできない夜の博物館を体験していただくイベントですが、今年は新たに『ナイトツアー』を企画しました。
照明を落とした真っ暗な展示室。
その中には普段はいないはずの夜行性の動物たちが…!
懐中電灯と地図を頼りに、夜行性の動物たちを探す旅にでます。

クジラの骨格標本の上にご注目ください!あんな所にふくろうが…!

「あ!いた!」「この前来た時はいなかったのに!」という楽しげな声が博物館のあちこちで響いていました。
ナイトツアーに参加してくださった皆さん、何匹見つけられたかな?

その他にも、『光る石』『光る植物』『光るクラゲ』の展示や『秘密のお願い短冊コーナー』などを設置しました。

ふわふわ漂うクラゲ、癒されます…。
写真では伝わりませんが、ピカピカ光っているんですよ。不思議です。

短冊旧暦(江戸時代までのカレンダー)でいうと、七夕はこれから!
ブラックライトの光でしか見えないペンでお願いごとを書いてもらいました。
普通の光の下では、どんなお願いを書いたのか他の人には分かりません。
皆さんの願いが叶いますように。(書いていただいた短冊は後ほど神社の「お焚き上げ」で燃やしてしていただきます)

夜行性の動物が潜む展示室…。どこからか聞こえてくる焚火の音鐘の音…。
普段とは一味違う夜の博物館を、本当に多くの方に体験していただきました。
遊びに来てくださった皆さん、ありがとうございました。

博物館では今後も楽しいイベントためになる講座を開催します。(詳しくはHPでチェック!)
一度来たことがある人も、初めての人も、博物館に是非遊びにきてくださいね!

インターハイ開催を記念して、8月13日まで特別無料開館を行なっています!!


11:00
2017/07/02

「館長・学芸員講座」第1回目がありました!

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
平成29年7月2日(日)
7月に入りましたね!皆さまいかがお過ごしでしょうか?
絵文字:晴れ
お天気は蒸し暑くなってきましたので、体調面には気をつけてくださいね!
さて、博物館では毎年開催しています「館長・学芸員講座」がありました絵文字:キラキラ
各部門の学芸員と館長が交代で担当するもので、それぞれの専門分野を生かしたとても個性的で楽しい人気講座です。
第1回目の担当は、石黒 宏治 研究員です。
タイトルは「地球史 -古生代・中生代-」
昨年度の先カンブリア時代に続き、古生代・中生代の地球環境の変化と
カンブリア ビックバンから恐竜の時代までのダイナミックな生物の進化について紹介しました。


(上:講座の様子)

(下:表の説明

今回の講座で古生代・中生代について学んでいただいた方におすすめなコーナーがあります!
当館1階の
「山形県の石」コーナーです、是非立ち寄りください。

この館長・学芸員講座はあと3回あります。 詳しくは  コチラ
ぜひ皆さんでお越しください!


11:59
2017/06/13

植物観察会in上山!

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
5月28日の日曜日、フロラ山形副会長の鈴木曉(とおる)先生を講師に、上山市の経塚山白禿山を散策しながら、植物観察会を行いました。

上山城の駐車場をお借りして開会行事を行った後、途中に咲いていたアヤメなどの説明を聞きながら、まずは白禿山を目指しました。

鈴木先生が皆に昔の写真を配って下さり、白禿山は昔は本当に白く禿げていた山であったことを説明してくださいました。
今のような森に戻すため、植栽を行った話や、先生が小さいときに行った白禿山での遊びの話などに盛り上がりました。
途中、トイレ休憩をとった後、経塚山の山頂まで、周りの植物を観察しながらつづらおりの山道を登って行きました。





山頂でお弁当開き、山や植物以外の話にも花が開きました。

よく似ている植物の葉を使った見分け方や、なかなか観ることができない貴重な植物を紹介していただいたりと、充実した観察会になりました。

次回は、6月24日(土)に行います。場所は県民の森です。
申込締め切りは6月22日(木)です!詳しくはコチラ

お楽しみに!!
13:00
12345