館長室より

館長室より
12345
2020/06/30new

未確認飛行物体の正体は!?

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
 先日、6月の朝とは思えない強い日差しを感じながら、いつものように博物館めざして歩いておりました。南大手門を通り霞城公園内に入り県体育館駐車場まで来たとき、空中に漂う白い物体に気が付きました。子供が小さかった時に、よく飛ばしていたタンポポの種を思いだしましたが、大きさが全然違いました。それに、大量に、公園いっぱいに飛んでいました。フワフワした、本物の綿が飛び交っているようなでした。一体、なんだろう?
   
 付近を探索したらこんなのが見つかりました。
 
 

白色の未確認飛行物体の正体は・・・・。

 

 
 ポプラの種子でした。例年、この時期に飛ぶそうですが、昨年は全く気が付きませんでした。今年は例年に比べて、多くの種子が飛んでいるそうです。初めて気が付いてから2週間ほど経過しますが、まだ、博物館の玄関周りを、風に乗って飛んでいます。
 明日から7月です。“熱い”博物館でお待ちておりますので、霞城公園にお越しの折には、是非、お立ち寄りください。

15:24
2020/05/21

ようやく開館です!

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
 新型コロナウイルス感染拡大に対する懸念から、令和2年3月28日(土)より不特定多数の入館者が想定される他の県有施設と同様に、臨時休館としておりました。
その後、緊急事態宣言が全国規模で発令され、ようやく5月14日に北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、京都府、大阪府、兵庫県の8都道府県を除いて緊急事態宣言が解除されました。本館は翌日の5月15日から、感染防止策をとりながら開館しております。来館される皆様には、検温や来館者カードの記入、マスク着用などをお願いしております。詳しくは本館HPの該当箇所をご確認下さい。
 本館では5月24日(日)までの予定で、第2回やまはくセレクション展を開催しておりますが、休館措置により1か月以上展示期間が短くなっておりますので、より多くの皆様方にご覧いただけるように、展示期間を2週間延長して6月7日(日)までとしました。
 現在、NHK朝の連続ドラマでは、福島出身の作曲家古関裕而さんをモデルとした「エール」が放送中です。古関さんは数多くの楽曲を手掛けておられ、その一つに本県のスポーツ県民歌があります。“月山の雪 ~~”を思い出される方も多いのではないでしょうか。やまはくセレクション展の延長に伴いまして、古関さんに関わる本館収蔵資料を追加展示いたしました。「楽譜」と「レコード盤」になりますが、是非、両者を見比べていただきたいと思います。きっと、おもしろい“違い”に気付かれるはずです。
その他にも、作詞は誰か、歌っているのは誰か、いつの曲?― それらの答えはすべて本館第3展示室にて、6月7日まで期間限定で準備しております。ソーシャルディスタンスにご配慮いただきながらの見学になりますが、多くの皆様のご来館をお待ちしております。


17:03
2020/01/30

季節外れの…

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
 新年を迎えたと思っていたら、もうすぐ節分です。毎年の多くの雪に悩まされる地域からは喜びの声が聞こえ、雪が必要なスキー場と雪まつり会場からは悲鳴が聞こえます。
11月館長ブログには、冬将軍の到来を予感しつつ、霞城公園内の桜にきれいな「雪の華」が咲くことだろうと書きました。冬の澄んだ空気につつまれ、太陽の光にキラキラと輝く粉雪をまとい、美しい「冬桜」に囲まれた博物館を想像していました。1月のブログは、きれいなその写真を使おうと、一人計画しておりました。
 確かに雪は数回降りましが、午後には融けてしまうほどの気温であり、なかなか思ったような美しさを感じることができません。太陽と雲のタイミングも悪く、写真もうまく撮影できずにいました。このままでは計画倒れになってしまうと、降雪と晴天の両方を心待ちにする日々が続いておりました。
そんな時、館長室から見える一本の桜の木に注目しました。
 
「ジュウガツザクラ」です。
 
 毎年10月ごろに開花して、最低気温が氷点下になる日が数日続くと、凍結により咲いた花は枯れてしまうようです。ところが今年は、暖冬のおかげで気温が高く推移しているようで、現在も元気に咲いております。花の数はあまり多くはありませんが、寒々とした「ソメイヨシノ」のわきで、ポツンと1本ではありますが、北風に耐えて咲いております。
 
 写真撮影時、偶然通りかかった人には少々不審に思われたようですが、状況を説明したところ喜んでいただき、一緒に花見をしていただきました。
 県内の他の桜にも例年と異なる状況があるようで、季節外れの桜の開花等に係るお問い合わせをいただいております。お近くの「桜の名所」をご確認いただき、例年より早い観桜会はいかがでしょうか。

15:28
2019/12/11

新庄市長に来館いただきました

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
 開展中の特別展「やまがたの城 -発掘調査から見える近世城郭の形成-」では、新庄市ふるさと歴史センターから多くの資料をお借りして展示しております。今回、今までに展示及び公開の機会が少なかった資料も展示しており、地元の方々にも大変喜ばれております。
 先週、12月5日(木)に、山尾順紀新庄市長が来館され、特別展を見学いただきました。
 山形・鶴岡・米沢と他の3城については、原田研究員の説明を聞きながら、時折、質問をするくらいでしたが、地元新庄城のところになりますと様子が変わりました。山尾市長は、新庄城主戸沢氏に所縁が深い円満寺のご住職でもあり、加えて、市長になられる前には新庄市教育委員会事務局にも勤務の経験があります。新庄城に関する造詣が深く、原田研究員と様々に意見交換をされていました。
 見学後のお話から、展示内容にもご満足いただいたようであり、非常にうれしく思っております。公務多忙な折に、時間を作っていただき見学いただきまして、本当にありがとうございました。
 今回の特別展は、12月27日(金)までとなっております。皆様のご来館を、心よりお待ちいたしております。



14:59
2019/11/23

もうすぐ、桜の木々に花が咲きます

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000
 朝夕の冷え込みが厳しくなりました。霞城公園内を歩く人々の服装も、防寒対策の施された冬用になっており、県内でも雪の便りが聞こえてくる時季になりました。
 
 春、博物館正面玄関前に咲き誇る、絢爛豪華とも言える、すばらしい桜を楽しみました。
 夏、桜花の散った後、青々と茂る桜葉が印象的でした。
 秋、葉っぱが一枚残らず散っています。
 
 
 
 公園管理する方々のご努力で周囲はすごくきれいです。
 そして冬、白い雪華におおわれた桜の木々を想像しています。
 
 現在、本館において特別展「やまがたの城 -発掘調査から見える近世城郭の形成-」を開催中です。本館前のイチョウの木は、まだ「黄金」に輝いております。初冬の霞城公園散歩の折に、皆様のご来館をお待ちしております。


10:50
12345