館長室より

館長室より
12345
2017/06/23

平成29年度来館者が1万人を超えました

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000

6月23日に今年度の入館者数が1万人を超え、1万人達成の記念イベントを行いました絵文字:キラキラ

記念すべき1万人目は舟形町立舟形小学校4年生の皆さんです。

【イベント写真】
とても明るく、元気にあいさつをしてくれました。
本館にある国宝の土偶「縄文の女神」は、舟形町の「西ノ前遺跡」で発掘されました。
  
【発掘された当時の女神(左), 縄文の女神(現在)】

「縄文の女神」の故郷の小学生の皆さんが1万人目の来館者ということで、
「縄文の女神」も大喜びの記念イベントとなりました絵文字:キラキラ

舟形町立舟形小学校4年生の皆さんと一緒に】
08:30
2017/05/31

狩衣を着てみました

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
  企画展「女子教育のあゆみ」が5月21日で終了しました。ありがとうございました。
次回6月10日からは特別展「森の妖精―不思議な生き物、粘菌ー」が始まります。
準備もいよいよ大詰めです。
お楽しみに!

 9月23日から始まる山形の雅楽を紹介する、本館プライム企画展「GAGAKU―やまがたに息づく宮廷文化―」の打合せが先日あり、狩衣(かりぎぬ)を試着させていただきました。狩衣は、昔の貴族が狩や蹴鞠(けまり)をするときに着る動きやすい服で、今は神主さんが着用します。洋服を着るのとは違って、前を折ったり、一部をベルトに入れたり、ひもで縛ったりと少しコツが必要です。

 
 形を整えたら出来上がり。10分ほどで着ることができました。邪念がなくなり、すがすがしい気持ちになりました。色もとっても素敵です。
  
 
 プライム企画展では、狩衣や稚児装束を着て平安貴族を体験するコーナーも準備しています。皆さん、博物館で展示を見て、雅楽を聞いて、衣装を着て「GAGAKU」を丸ごと体感してみませんか。
 
 


14:40
2017/05/10

GWイベント来館ありがとうございました

Tweet ThisSend to Facebook | by y0000

月から博物館での館長としての仕事が始まりました。あっという間に1カ月が過ぎましたが、今日から館長ブログをスタートします。

5月3、4、5日は博物館GWイベントを開催しました。3日はアンモナイトや三葉虫の化石のレプリカを作りました。小さなお子さんもみんな上手にできました。

 

 

4日は凧つくりやスライム・入浴剤づくり、科学教室とたくさんの体験に子どもたちがチャレンジしてくれました。また、クラゲの展示に心が癒されました。

 

5日は岩石や粘菌の顕微鏡観察と四次元宇宙シアターでの宇宙旅行体験に大歓声でした。そして、ゲストとしてみんなのヒーロー「憑心シェイガー」が来てくれました。ちなみにシェイガーの頭の上に乗っているのは、ヤマガタダイカイギュウの精霊です。

 

 

やっぱり科学は面白い!大人も子どもも大興奮の3日間でした。

 


08:49
2017/03/26

弥生

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
 今日(24日)は着物姿の女性が霞城公園内を闊歩しています。山形大学の卒業式の日です。例年と異なり、時折雪が降る天候になりました。
 風も冷たいせいか、梅もまだ咲かず殺風景な公園風景です。

(・・・と思いきや、寒い中頑張って梅を咲かせている木を発見!
春はすぐそこまで来ています・・・!!)

 さて、平成28年度も残すところ後一週間となりました。
私事になりますが、今年度の異動で、学校現場に戻ることになりました。2年間、お付き合いいただきありがとうございました。名刺が120枚入るファイル約4冊分の人とお会いし言葉を交わすことができました。某国駐日大使や某省事務次官、陶芸の人間国宝といった方々から「縄文の女神」を見に来られた県外の方々や学校の学習活動の一環として訪れた小学生、さらにイベントに参加した親子などを含めるとさらに多くの方々と出会ったことになります。
 博物館に勤務したことで、お濠周辺のカモ類や巨大な草魚、季節外れの花を咲かせる彼岸桜、天童から全国を巡業した女相撲など、ここに書き尽せないほど多くの見聞を広めることができました。他の博物館や国宝土偶巡りにもつながりました。
 
 また、博物館活動を支える人びとの仕事についても深く考えさせられました。地道な研究成果が展示会として企画されるまでのプロセス(学芸員の苦悩)を身近で見ることができました。
温かく見守り支援を惜しまない職員もいて心強く思いましたし、友の会の皆さんが楽しみながら学ぶ好奇心旺盛な姿勢は、「探求学習」そのものだと感心させられました。
 
 山形のモノを展示する博物館の価値、存在意義を改めて認識する2年間でもありました。以前勤務した職場で「山形らしさ」について、議論したことがありました。ことばでまとめることは困難ですが、山形に存在するモノや記録は、山形の自然や歴史、人びとの生活を想像する基礎資料になり、「百聞は一見に如かず」を実感できます。
開館以来45年が経ち、収蔵資料は増え続け、外部施設に場所をお借りして対応せざるを得ず、整理が追いつかない状況もあります。
 ありがたいことに収蔵資料の保存修復やデータベース化には、県内の大学等の研究機関の支援をいただき、案内や資料整理のボランティアの皆さんの協力もいただいています。
 残念なことは、最も多感な時期である中学生・高校生の来館者が少ないことです。バーチャル・リアリティーの進化は、人間を自然から引き離していくのでしょうか。
実物に触れる機会を増やすなど感性教育について改めて考えさせられました。
 
 支えていただいたすべての皆さんに感謝申し上げ、山形県立博物館長としてのブログを終了させていただきます。


10:00
2017/02/28

如月

Tweet ThisSend to Facebook | by y001
霞城公園の雪が一気に融け、地面が顔を出し春らしさが感じられるようになりました。

 
   ふと足元を見ると、オオイヌノフグリが咲いていました

 先日、カーラジオを聴いていると「シベリア出兵」という言葉が耳に入りました。大正7(1918)年の出来事です。
 山形県立博物館がある霞城公園は、かつて歩兵第三十二連隊の駐屯地であり、公園内にはその記念碑やお堀端には往時を偲ばせる道標が残っています。
 第三十二連隊は明治29(1896)年、秋田に本部が置かれ、日露戦争後(1904年)、山形に転営しています。第八師団の隷下に入り、主に地元出身者から構成された部隊は、日露戦争・シベリア出兵に従軍しています。第八師団というと「八甲田雪中行軍遭難事件」(明治35(1902)年)が思い浮かびます。陸軍がロシアとの一戦は避けられないと対露戦を準備する中での悲劇でした。

 
 

 さて、今年も通勤途中に地吹雪のため、車を一時停止しなければならない時が数回ありました。また、先月末、日本に一番近いヨーロッパ、ウラジオストクに行きシベリアからの大陸風を体感してきました。寒さは厳しいが乾燥しているせいか雪は少ないところでした。雪は日本海を通過することで私たちの地に降り積もるのだと納得できました。
 空港到着後に目に入る車は日本製が圧倒的に多く、中には幼稚園の送迎バスや保冷車など、漢字表記が残ったものもありました。
 2012年APEC開催を機に莫大な投資が行われ、近代的な都市建設が進行していました。 シベリア鉄道の東方の始発駅とウラジオストク港を抱え、さまざまな民族が行き交う活気溢れる街でした。市場には、凍った状態の魚が無造作に積み上げられていました。
 ロシア海軍太平洋艦隊本部もあり、多くの歴史的なモニュメントの中、第2次大戦関係のものが散見できました。アルセーニエフ博物館にもロシア革命や幾多の戦争に関わる展示がありました。日本では、終戦記念日以外に戦争に触れる機会は少なく、平和な生活があたりまえのようにあることに改めて気付かされます。
 日本語を学んでいるホテルのフロントの女性や子連れで食事をしていた自動車関係の仕事をする男性に話しかけられ、最近、日本人が増えているという情報などを知ることができました。また、TVの気象情報では、クリミア併合後、当然の如く、併合地の都市がロシア領内に組入れられて報じられていました。
 昨年末の日露交渉の報道に触発されて読んだ『現代語訳 榎本武揚 シベリア日記 』(平凡社ライブラリー)から多くのことを学びました。千島・樺太交換条約締結後の1878年、ロシアの実情を知るために、馬車や船で2カ月余りかけてシベリアを横断し帰国を果たす榎本武揚の日記ですが、ウラジオストクでの記載が欠けています。日本に帰れる喜びで一杯だったのかな、と想像してしまいます。本当に「平和」って大切ですね…
   近所のねこもなにやら忙しそうです

      平和って大切だにゃ
12:00
12345