アーカイブスメニュー

国宝・縄文の女神(西ノ前遺跡出土土偶)


国宝・縄文の女神


国宝・縄文の女神(左側面)
左側面

国宝・縄文の女神(背面)
背面

附(つけたり)土偶残欠
附(つけたり)土偶残欠


名称:
縄文の女神(西ノ前遺跡出土土偶) 附(つけたり)土偶残欠47箇
区分:国宝
指定:平成24年9月6日
特徴:


山形県舟形町西ノ前遺跡の出土品で、縄文時代の土偶造形の一つの到達点を示す優品として代表的な資料であり、学術的価値が極めて高いとされる。国宝に指定されている土偶としては全国で4件目、県内の国宝としては6件目となる。